復興がさっぱり進まない宮城ですが、
「復興デパートメント」と言うのが、ヤフーが運営する仮想商店街「ヤフー!ショッピング」のシステムを活用してできました。(出店料とシステムの月額利用料は無料で、出店者は毎月の売り上げの3%をヤフーに支払う。)

復興デパートメント はこちら

プロ野球「楽天」の本拠地が宮城にあり、楽天も震災発生から色々支援活動をやっているので、今更Yahooが仮想商店街を立ち上げても運営がかなり難しいとは思いますが、支援してくれると言うのは有り難いことです。
ただ、楽天に掲載されているショップも実店舗あるいは、会社が地元でないショップも混じっているので、できるだけ地元のショップを選択してもらった方がより支援になります。

【まち楽】東北の「食」を応援しよう! はこちら

この間、福島の生産者の方のニュースが流れていました。(以下)
支援してくれるのは有り難いのですが、価格を昨年流通価格より低い価格で買って、売る時は昨年同様価格で売られていたのでは全然支援になりませんので、支援で購入して頂けるのであれば、昨年の流通価格で購入してくれないと全然支援になりません!
変な業者もいるので、直接購入してもらった方が間違いがないのですが・・・。

上記の通りだと思いますので、支援して頂けるのであれば、ネットで地元ショップを検索するか、宮城の場合は、東京池袋へ「宮城ふるさとプラザ」と言うアンテナショップがあるのでコチラで購入してもらった方が間違いないです。

宮城ふるさとプラザ はこちら

↑[End]