ワン公メモ

うちの飼い犬に関連した出来事を中心に印象に残った事をメモしたものです。

2012年12月

選挙で自民が大勝しましたが・・・。

衆議院選挙が行なわれ、自民党が大勝しましたが、今回の選挙で色々分かりました。
前から議員のレベルがと3流、4流と言われていましたが、この議員を選んでいるのが有権者である国民です。
つまりは、国民も3流、4流であり、「この議員にこの国民あり」と言ったところです。
衆議院の投票率が59.32%では、これを証明しています。

デフレ脱却に日銀もからみ、お金をジャブジャブにしてインフレにするようですが、これだけではだめで、投資を呼び起こす政策が必要なのですが、防災・減災では、投資は無理です。
消費税を上げるために頑張っているだけのようにしか見えません。
民が望む、社会保障の安定と発送電分離のような発電業への参入を呼び起こすものがなければ、まず無理でしょう。
結局、「バカは死ななきゃ直らない」と言う事でしょうかね・・・。

↑[End]

腐れ議員とシロアリ役人が居る限り景気は良くならない!

もう直ぐ選挙ですが、どうも自民党が第一党になるような予測だとか?
自民党が大勝しても景気を良くするのは無理でしょう。
防災・減災に多額のコンクリート公共事業を行なうようですが、一業種への一時発注では、先行きの不安は解消されず設備投資や給与UPへは繋がらないからです。

景気は「気分」の「気」ですから、将来不安があるような「年金一元化と支給額」「生活保障と職業訓練」等の社会保障が解決しないと無理で、その財源はないので、当たり前のようですが、腐れ議員報酬や政党助成金及び、民間より高い公務員給与の削減により捻出し、それでも足りない場合、消費税でしょう。
そうすれば、国民にも安心感が生まれ、お金も使うようになるし、企業も給与を上げやすくなるでしょう・・・。

いずれにしても、今回の選挙の結果からはあまり期待できないので、しばらくは景気低迷が続くのでしょう。
さっさと、底を打って、後は上昇するだけ、と言った感じにして欲しいのですが・・・。

↑[End]

有権者も腐っている?

自民党が単独で過半数を超えるのでは?と言うニュースが流れ、他党は焦って批判や違いを連呼していましたが、正直、このニュースを見た時、日本の有権者も腐っているな、と思いました。

20年前にバブルが弾けて以来ずっと下がりっぱなしの景気に携わってきた政党が自民で、3年前にこんな政党ではと言う事で民主に変わったけど・・・と言う状況にもかかわらず、有権者が又3年前の状況に戻す選択をしているのが「?」です。

様は、自民も民主も腐っていて、自分の懐だけを確保すれば、自分を応援してくれる人以外の国民の事など二の次にしか思っていない連中にも関わらず、なぜ、この連中に投票するの?と言う事です。

バルブ崩壊の後、韓国はハードランディングを選択し、日本はソフトランディングを選択した、と言われて今に至ってますが、日本は未だにランディングせず、下降の一途を辿っています。
韓国を見ると、国が破産しIMF管理になったけれども、そこから這い上がり世界戦略にて色んな国で活躍するようになっているのに、一方の日本はと言うと、未だに税金のブンドリ合戦をしている状況です。

日本もさっさとぶっ潰して、そこから再出発しないと上昇するのはとても無理と思われるのに、有権者がこれではもうどうしようもないですね。
昔っから「バカは死ななきゃ直らない」と言いますが、その通りのようです!

↑[End]
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ