今日は、母方の叔父さんのお通夜へ行ってきました。
本当は、自分の母親が出席できれば、私たち子供が出席しなくともよいのですが、叔父さんの兄弟みな年を取り、歩くのが大変とか体調が思わしくないとかで、殆ど、子供の方々が出席していました。

20年ぶり位の親戚宅で、周辺の風景はかなり変わり、自分自身もだいぶ年を取ったのを実感しました。
もちろん、自分だけでなく他の親戚も皆年を取っていて、面影が残っている人もいるし全然分からない人もいました。
今日は、パタパタとしていて、夕方のお坊さんによるお通夜のみ出席し、飲食会のようなのはしないようなので、直ぐに帰ってきました。
明日は、葬儀で、又行って来ます。

↑[End]